制度に関すること

  • 「TSマーク」とは何ですか?

    「TSマーク」は、自転車安全整備店において自転車の点検整備を行い、その自転車が安全な「普通自転車」であることを自転車安全整備士が点検確認したときに、その証しとして貼るシール(点検整備済証)のことです。
    この「TSマーク」には、傷害保険と賠償責任保険、被害者見舞金(赤色TSマークのみ)が付いています。(付帯保険)
    「TSマーク」のTSは、Traffic(交通) Safety(安全)の頭文字で、「交通安全」という意味です。

  • 普通自転車とはどんな自転車ですか?

    普通自転車とは、道路交通法令に定められた基準に適合した自転車のことです。
    <普通自転車の基準>
    ○ 車体の大きさは、長さ190cm、幅60cm以下であること。
    ○ 車輪は、2輪または3輪であること。
    など

  • 「TSマーク」はいつできたのですか?

    「TSマーク」は、自転車の安全利用と自転車の交通事故防止を図るため、自転車安全対策の一環として、昭和54年に警察庁の指導により、「自転車安全整備制度」が発足し、「TSマーク」が創設され、今日に至っています。

  • TSマーク制度のできた目的は?

    この制度は、自転車の定期的な点検整備を促進して、自転車の安全な利用と、自転車事故の防止に寄与するとともに、万が一事故に遭った場合の被害者救済に資するために設けられたものです。
    TSマークの付帯保険の有効期間はTSマークに記載されている日から1年となっています。
    1年に1回は、自転車の点検整備を行いましょう。

  • TSマークは誰が貼るのですか?

    自転車安全整備店の方です。但し、TSマークが貼れる自転車は、自転車安全整備士が点検確認した自転車だけです。

  • 「自転車安全整備店」とは?

    当協会に登録されている自転車店で、「自転車安全整備士」が勤務しています。

  • 「自転車安全整備士」とは?

    自転車安全整備士は、当協会が実施する自転車安全整備技能検定に合格した人で、自転車の点検整備や、その自転車が安全な普通自転車であることを点検確認することと、自転車の正しい乗り方等の安全指導について、専門的な知識と技能を有するエンジニアです。

加入等に関すること

  • 自転車に「TSマーク」を貼付しましたが、保険契約書は貰えますか?

    TSマークの保険契約は当協会と保険会社で結んでいるので、TSマークを貼付した人に対し保険契約書はありません。
    そのため便宜的にTSマーク付帯保険加入書をお渡ししています。
    自転車の点検整備を受けてTSマークを貼付したときは、自転車店から「TSマーク付帯保険加入書(お客様用)」を受け取ってください。
    有効期間は1年間です。大切に保管しておいてください。
    なお、約款はこちらでご確認ください。
    詳しい補償内容に関するお問い合わせは、三井住友海上火災保険株式会社(03-3259-6680)にご連絡ください。

  • 「TSマーク」を貼る料金はいくらですか?

    「TSマーク」を貼る料金は、自転車の点検整備を受ける料金となります。
    点検整備を受けずにTSマークだけを貼ることはできません。
    なお、点検整備を受け部品交換する場合、交換する部品代は別料金となります。

  • 「TSマーク」は自転車を購入した店でなくても貼れますか?

    自転車安全整備店であれば、購入した店でなくても点検整備を受けてTSマークを貼ることができます。

  • 「TSマーク」のそれぞれの補償内容はどうなっていますか?

    補償内容は、TSマークを貼付している自転車に乗っている人がケガ等をした場合に支払われる傷害補償と、相手方に法律上の損害賠償責任を負う賠償責任補償があります。(なお、赤色TSマークは被害者見舞金があります。)
    平成29年10月1日から赤色TSマーク付帯保険の賠償責任補償限度額が1億円に引き上げられました。

    <補償内容>

    【青色TSマーク】
    賠償責任補償
    ○ 死亡、重度後遺障害(1~7級) 限度額 1,000万円
    傷害補償
    ○ 入院15日以上 一律 1万円
    ○ 死亡、重度後遺障害(1~4級) 一律 30万円

    【赤色TSマーク】
    賠償責任補償
    ○ 死亡、重度後遺障害(1~7級) 限度額 1億円
    傷害補償
    ○ 入院15日以上 一律 10万円
    ○ 死亡、重度後遺障害(1~4級) 一律 100万円
    被害者見舞金
    ○ 入院15日以上 一律 10万円

    ※ 対物損害は、補償の対象外です。

  • 「TSマーク」の有効期間はいつまでですか?

    「TSマーク」の有効期間は、TSマークに記載されている日から1年間です。
    ぜひ年1回は自転車の点検整備を受けてTSマークを更新してください。

  • 「TSマーク付帯保険」は所有者以外も対象になりますか?

    自転車の所有者だけに限らず、その自転車に乗車しているご家族やご友人等も対象となります。

  • 「TSマーク付帯保険」の請求手続きの流れは?

    以下のような手続きの流れになります。

    ○ 「傷害補償」、「賠償責任補償」の請求手続きは以下のとおりです。

    ○ 「事故の相手方への被害者見舞金」の請求手続きは以下のとおりです。

    ※ 搭乗者本人等への支払いはありません。

  • 「TSマーク」貼付後、住所が変わりましたが届け出の必要はありますか?

    住所が変わっても届け出の必要はありません。
    なお、「TSマーク付帯保険加入書(お客様用)」は、有効期間中、大切に保管しておいてください。

  • 防犯登録はしていませんが、TSマークは貼れますか?

    防犯登録とは制度が異なりますので、点検整備を受けてTSマークを貼付することはできます。
    なお、防犯登録は法律で登録することが義務付けられていますので、防犯登録することをお勧めします。

  • レンタサイクルや会社で使用する自転車について、団体や会社名義で 「TSマーク」を貼ってもらうことはできますか?

    できます。「TSマーク付帯保険加入書」の氏名欄は、団体名又は会社名及び「担当者の部課、氏名」を記載し、連絡が取れるようにしてください。
    TSマーク付帯保険(賠償責任)は、雇主等が請求者となり、保険金が支払われますので、自転車をたくさん使って業務を行う事業所等では、大変意義のある保険といえます。

  • 保険契約が解除されることはありますか?

    被保険者が反社会的勢力であることが判明した場合、保険契約が解除となる場合があります。